胃の内視鏡検査は、口からだけでなく鼻からも行えます

鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。
負担が少ない
内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さ。従来の内視鏡と比べて、
大幅な細径化を実現しました。

おう吐が起きにくい
内視鏡が舌の付け根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

会話ができる
検査中も会話が可能なため、質問したいときには、自由に医師とお話できます。